リラクゼーション サロン 札幌市

マッサージ リラクゼーション もみほぐし タイマッサージ 千歳 札幌 苫小牧 恵庭 北広島

リラクゼーション サロン 札幌市
c57aa9ccd054 20240209

アジアン リラクゼーション マッサージ villa千歳店

リラクゼーションサロンは、忙しい毎日を過ごしている人にとって、心身を休め、リフレッシュするのに最適な場所です。
全国各地には、さまざまなタイプのリラクゼーションサロンがあり、それぞれに特徴があります。
自分の好みやニーズに合ったサロンを見つけて、ゆっくりとくつろいでみてください。

↓ご予約はこちらから↓

22b9abc5a51e 20240209

マッサージ,リラクゼーション,タイマッサージ,もみほぐし,整体,肩もみ.近くの

マッサージ,リラクゼーション,タイマッサージ,もみほぐし,整体,肩もみ.近くの

マッサージ,リラクゼーション,タイマッサージ,もみほぐし,整体,肩もみ.近くの

マッサージ,リラクゼーション,タイマッサージ,もみほぐし,整体,肩もみ.近くの

施術内容の一例 villa千歳のメニューの一部をご紹介いたします。

もみほぐし

ベッド施術となっております。(ベッドサイズは85センチと幅広のベッドを使用しておりますので、腕が落ちたり、シビれたりもせず安心して施術を受けることができます。)
女性セラピストのみになりますが、ベッド上に乗ってからの施術になりますので、男性のお客様でも、『力が足りない』ということなく施術可能です。(力加減は、施術前のカルテ記入欄にご記載下さい)

45分~ 上半身or下半身の疲れている箇所を重点的に施術いたします。
60分~ 疲れている箇所を重点的に首から足先まで、全身を施術させていただきます。
凝り固まっている筋肉及び、その筋肉の関連筋を、温めながら丁寧に揉みほぐしていきます。身体の緊張をほぐしてあげながら、筋肉を柔らかくし、脂肪には刺激を与え燃焼させやすくしていく施術となります。villaのもみほぐしは『凝り固まっても、揉んであげるとすぐに柔らかくなる良い筋肉』を構成する為の施術となっております。肩凝り、腰痛、各部位の筋肉疲労等にご利用くださいませ。

タイ古式マッサージ

ベッド施術となっております。(ベッドサイズは85センチと幅広のベッドを使用しておりますので、腕が落ちたり、シビれたりもせず安心して施術を受けることができます。)
女性セラピストのみになりますが、ベッド上に乗ってからの施術になりますので、男性のお客様でも、『力が足りない』ということなく施術可能です。(力加減は、施術前のカルテ記入欄にご記載ください。)タイ古式マッサージは、あらゆるマッサージの中でも「ストレッチが爽快で気持ちいいマッサージ」と言われています。
タイ古式マッサージの手法は・・・指圧、整体、矯正、ストレッチングと豊富です 特に「二人で行うヨガ」とも形容される様々な形のストレッチは、他のマッサージにない特徴的な手法といえます。

2500年もの歴史があるタイ古式マッサージの特徴
体に流れているエネルギーライン(タイ語で「セン」と呼びます)を刺激することです。センを刺激するとリンパや血液の流れが良くなります。
すると、各器官の働きが正常化し、体の疲れや歪みがやわらいだり、免疫力が高まったりするのです。
このようにして人を健康へと導いていくのが、東洋医学から由来しているタイ古式マッサージの考え方です。

全身施術による身体へのアプローチ
タイ古式マッサージには、体の歪みを元に戻していく目的もあります。
その結果、血管や神経の圧迫を軽くし、筋肉痛、筋肉疲労、関節痛、血行障害、むくみ、腰痛、神経痛等にアプローチできます。
肩凝り、腰痛、骨盤矯正、四十肩、五十肩、生理不順や各部位の筋肉疲労等にご利用くださいませ。

バリ式リンパマッサージ

ベッド施術となっております。(ベッドサイズは85センチと幅広のベッドを使用しておりますので、腕が落ちたり、シビれたりもせず安心して施術を受けることができます。)
女性セラピストのみになりますが、ベッド上に乗ってからの施術になりますので、男性のお客様でも、『力が足りない』ということなく施術可能です。(力加減は、施術前のカルテ記入欄にご記載ください。)
バリ式リンパマッサージはバリ島で代表的なマッサージです。その歴史は古く17世紀のジャワの王室で、元々は女性の美を保つために行われていた施術です。王族から庶民へ受け継がれて、島から島へ、または村から村へときた広まっていったマッサージです。バリ島では今でも民間療法の一つとして考えられています。

手技、技法
施術はすべてオイルを使い、オールハンドで手のひらと指を使います。
ゆっくりしっかりと圧をかけながらリンパの流れに沿って押していき汗がじんわり出るまで身体をほぐし、疲れやコリを取り除いていきます。リンパの流れを整えるので、疲労回復はもちろん、くすみやむくみを取り除き美容面での効果も絶大です。自律神経のバランスを整え全身の代謝機能に働きかけ、脂肪燃焼、疲労回復を促します。

バリニーズならではの特徴
バリニーズ最大の特徴である「圧」を用い、頭からつま先まで全身のコリや疲れを揉みほぐします。通常のアロママッサージでかける圧は3キロですが、バリ式リンパマッサージは身体の全体重を使い20キロほどの「圧」をかけて行います。この「圧」により、体の深部のコリや疲れをほぐしリンパも流します。
バリニーズ独特のテクニックである「圧」、圧を伝える「手の平の使い方」、途切れることのない「手技」、これら3つのオールハンド技術を用いたマッサージは、まさにハンドヒーリングを全身で実感でき、身体も心もリラックス状態に導くメニューです。疲労回復はもちろん、痩身や美肌にも効果的なバリ式のオイルマッサージを是非お試しください。

↓ご予約はこちらから↓

22b9abc5a51e 20240209

スタッフ セラピスト

カンヤ

マッサージ,リラクゼーション,タイマッサージ,もみほぐし,整体,肩もみ.近くの

タイ古式マッサージの総本山チェンマイ式とワットポー式のライセンス取得者。
本格的なタイマッサージが受けられます。
ワットポーをはじめ、つぼ、マッサージ、ストレッチ等様々な資格を取得している凄腕の持ち主。
日本在住は長いので、日本語もペラペラで、性格も明るく、優しい女性です。

得意なこと
料理、お店出せるレベルです。

趣味・マイブーム
温泉

二川 歩実

マッサージ,リラクゼーション,タイマッサージ,もみほぐし,整体,肩もみ.近くの

趣味は美味しいものを食べることでマイブームはハーブ蒸しです😌✨

2024年2月下旬デビュー予定の新人です!

接客業が大好きです。

初めは慣れないこともあると思いますが、持ち前の優しさと思いやりで頑張りますので温かく見守って頂ければ幸いです。

得意なこと
水泳

趣味・マイブーム
趣味は美味しいものを食べることでマイブームはハーブ蒸しです

アジアン リラクゼーション マッサージ villa千歳店について

当店は、お客様に至福のひとときを提供するために、様々な種類のマッサージやリラクゼーションサービスをご用意しています。お客様の心身の健康とリフレッシュをサポートすることをモットーに、専門的な技術と温かいおもてなしで、癒しの空間を提供しています。

当店では、伝統的なもみほぐしマッサージをはじめ、リンパマッサージ、ヘッドマッサージ、タイ古式マッサージ、足つぼマッサージ、ふくらはぎマッサージ、足裏マッサージ、そしてオイルマッサージなど、さまざまな施術がご利用いただけます。これらのマッサージは、日常のストレスや疲労を解消し、心身のバランスを取り戻すお手伝いをいたします。

お近くのマッサージ店として、地元の皆様にリラックスしていただける空間を提供しております。施術を通じて、お客様が穏やかな心地に包まれ、日々の疲れやストレスを解放できるよう心がけています。リラックスした雰囲気の中で、お客様が自分自身と向き合い、心身ともにリフレッシュできる場をご提供いたします。

当店の施術者は、プロのトレーニングを受けた経験豊富なスタッフで構成されています。お客様の状態や希望に合わせ、最適な施術プランをご提案いたします。また、安心してご利用いただくために清潔かつ快適な施術環境を整え、お客様一人ひとりに寄り添ったサービスを提供しております。

お客様の満足度向上を常に追求し、リピーターの方々にもご愛顧いただけるよう、真心と技術を込めた施術を心がけています。お客様の健康と幸福を支えるお手伝いができることを誇りに思い、心からの癒しをお届けするために日々努力しております。何かご質問やご要望がございましたら、お気軽にお知らせください。心よりお待ちしております。

マッサージ

マッサージは、皮膚に求心的に施術することにより主に静脈系血液循環の改善やリンパ循環の改善を目的にした手技療法。マッサージは、フランスで生まれた手技療法(仏: Massage、マサージュ)を指すが、同様の効果を得られるものとしてタイ式や朝鮮式のマッサージ(アンマ(안마)と呼ばれるものは除く)も便宜的に「マッサージ」と呼ばれる。現在の日本では、治療目的で反復継続の意思をもって行うには国家資格であるあん摩マッサージ指圧師免許が必要であるが、現実のマッサージ業者は無資格が多数である。

概説
マッサージはヨーロッパ発祥の手技療法である。マッサージは厳密には指先などの末梢部から心臓に向かって施術を行う(按摩の施術はその逆となる)。マッサージには静脈やリンパの滞りを改善しその流れを促進する効果がある。

スポーツ・運動時前後には、筋肉緊張をほぐしたりするためにマッサージが用いられる。他にマッサージによる(適度な)刺激などにより、緊張の緩和をもたらし、筋肉痛を和らげる、排便を促す、気分が和らぎ眠りを誘う、等がある。

マッサージは通常医療の場でも(リハビリテーション等々)、代替医療の場でも、様々な健康増進目的で個々人が自分自身に行う形(セルフマッサージ)でも行われている。

マッサージはギリシャ語のマッシー(揉む)、ラテン語の手、アラビア語のマス(押す)、ヘブライ語の触るが語源とされる。近世以降、科学的にマッサージが手技療法として医学的に応用する価値があると提唱したのはフランスのアンブロワーズ・パレ(Ambroise Paré)であった。マッサージはヨーロッパに発生したものではあるが、手技療法は命を守るための本能的な行為であり、古代インドのYogavade、古代中国の導引按蹻(自己体操法、按摩法)、トンガ諸島のtoogi-toogi、サンドウィッチ諸島のlomi-lomiなど世界各地に手技療法はみられる。

西洋
歴史
古代ギリシャの医師であったヒポクラテスは医学を志す者に対してマッサージ技術の習得を奨励していた。

先述のように、16世紀になりフランスのアンブロワーズ・パレ(Ambroise Paré)が科学的にマッサージが手技療法として医学的に応用する価値があると提唱した。その後、19世紀にかけて解剖学や生理学の進歩とともに、スウェーデンでの治療体操法、オランダでのマッサージ研究、ドイツやオーストリアでのマッサージの施術効果などによってマッサージ療法は医療として確立されることになった。

スウェーデンマッサージ
スウェーデンでは、19世紀にスウェーデン体操の創始者でもあるペール・ヘンリック・リング(英語版)によって医療とマッサージを一つにしたシステムが作られ、このマッサージはスウェーデンマッサージと呼ばれるようになった。

スウェーデンマッサージはヨーロッパの古典的マッサージに比べて、深部の筋などの組織へのアプローチを重視し、少量のオイルやクリームを使う特徴がある。スウェーデンマッサージは、富裕層を対象とする贅沢なものとみられていたが、医療領域、スポーツ領域、美容領域にも普及してきている。米国ではスウェーデンマッサージが手技療法の主流の一つになっている。

タクティールマッサージ
スウェーデンでは皮膚に軽い刺激を与えることで接触受容体を活性化し、それが痛覚受容体よりも早く脳に信号が送られることで痛みが軽減されるタクティールマッサージも開発された。タクティールマッサージには体全体に安心感をもたらすオキシトシンの分泌を促す効果があり、不安等にも効果があるとされ、認知症へのケアなど医療・福祉現場で積極的に取り入れられるようになっている。タクティールマッサージは医療機関や高齢者福祉施設のほか保育所などでも導入されており、各地で認定タクティールケア師がケアを行っている。特に認知症の患者のケアでは認知症の周辺症状の緩和効果がみられ、高齢者の精神状態が改善され不穏行動も少なくなることで、ケアワーカーの負担も減ったと報告されている。

日本
歴史
日本においては元々按摩(あんま)が用いられてきた。

明治時代、軍医である橋本乗晃がフランスのマッサージを視察し、研究した。その後、日本にマッサージを医療法の一つとして導入された。

現在の「あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律」において、あん摩マッサージ指圧師免許もしくは医師免許(共に国家資格)がなければ日本においてマッサージを業として行うことはできない、とされている。

法令
厚生労働省見解のマッサージの定義
看護師に関して、マッサージは臨地実習において看護学生が安楽確保の技術として、教員や看護師の助言・指導により学生が単独で実施できるものとして検討会で出され、看護師の基礎教育の中で行うことが望ましいとされている。

法律での定義はされていないが、無資格者マッサージ施術で「エーワン」(経営者は、あん摩マッサージ指圧師の有資格者)を摘発するにあたり、厚生労働省はマッサージの定義を「体重をかけ、対象者が痛みを感じる強さで行う行為」と回答している。

また厚生労働省(旧厚生省)は、無免許あん摩師の取り締まりの疑義紹介とあん摩マッサージの定義について下記の通り公文書にて回答している。

法第一条に規定するあん摩とは、人体についての病的状態の除去又は疲労の回復という生理的効果の実現を目的として行なわれ、かつ、その効果を生ずることが可能な、もむ、おす、たたく、摩擦するなどの行為の総称である。
— 昭和38年1月9日医発第8-2号(抜粋)
特定の揉む、叩く等の行為が、あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律(昭和22年法律第217号)第1条のあん摩マッサージ指圧に該当するか否かについては、当該行為の具体的な態様から総合的に判断されるものである。 御照会の事例については、その行為の強度、時間等によっては、同条のあん摩マッサージ指圧に該当する場合もあると考えられるが、御照会の内容だけでは判断できない。
しかし、施術者の体重をかけて対象者が痛みを感じるほどの相当程度の強さをもって行うなど、あん摩マッサージ指圧師が行わなければ、人体に危害を及ぼし、又は及ぼすおそれのある行為については、同条のあん摩マッサージ指圧に該当するので、無資格者がこれを業として行っている場合には、厳正な対応を行うようお願いする。
また、同条のあん摩マッサージ指圧が行われていない施術において、「マッサージ」と広告することについては、あん摩マッサージ指圧師でなければ行えないあん摩マッサージ指圧が行われていると一般人が誤認するおそれがあり、公衆衛生上も看過できないものであるので、このような広告を行わないよう指導されたい。
— 「あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律」に関する疑義照会について(回答) 平成15年11月18日 医政医発第1118001号
判例上の定義
清水簡易裁判所/判決/昭和34年(ろ)50号(下級裁判所刑事裁判例集1巻10号2144頁)においては次のように判示している。

第一、あん摩師、はり師、きゅう師及び柔道整復師法(以下単に法と略称する。)の第一条にいう「あん摩」とは、慰安または医療補助の目的をもって、身体を摩さつし、押し、もみ、またはたたく等の行為と解すべきところ、前掲各証拠によると被告人の本件各所為は、いずれも右あん摩に該当するものであること明らかであるから、この点に関する被告人の主張は採用できない。
保険適用
マッサージ治療は医師が認めた場合に限り健康保険の適用がある。はじめて治療を受ける場合には医師の同意書または診断書が必要で、以後3か月ごとに医師の再同意が必要となる。

また、保険適用の対象は筋麻痺や関節拘縮などの症状がみられる場合のみに限られる。

法的な問題点
施術免許無資格者問題
「無資格マッサージ士問題」も参照
名称の如何に関わらずマッサージを業とできる者は、医師以外では「あん摩マッサージ指圧師」の有資格者のみである。

第一条 医師以外の者で、あん摩、マツサージ若しくは指圧、はり又はきゆうを業としようとする者は、それぞれ、あん摩マツサージ指圧師免許、はり師免許又はきゆう師免許(以下免許という。)を受けなければならない。
第十二条  何人も、第一条に掲げるものを除く外、医業類似行為を業としてはならない。ただし、柔道整復を業とする場合については、柔道整復師法 (昭和四十五年法律第十九号)の定めるところによる。
— あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律
しかし、あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律には、「あん摩」や「マッサージ」の行為・方法の定義がされていない為、職業選択の自由もあり「整体」や「整足」「リラクゼーション」などの看板を掲げ、無資格でマッサージ類似行為をする者が後を絶たず、また、柔道整復師による保険を利用した激安マッサージも問題になっている。

施術名称問題
上記で注意が必要なのは、厚生労働省通達によると施術行為自体で違法とはならずとも、あん摩・マッサージ・指圧を標榜して類似行為を行えば「あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律」の違反となる見解を示している。

第七条 あん摩業、マツサージ業、指圧業、はり業若しくはきゆう業又はこれらの施術所に関しては、何人も、いかなる方法によるを問わず、左に掲げる事項以外の事項について、広告をしてはならない。
一 施術者である旨並びに施術者の氏名及び住所
二 第一条に規定する業務の種類
三 施術所の名称、電話番号及び所在の場所を表示する事項
四 施術日又は施術時間
五 その他厚生労働大臣が指定する事項
② 前項第一号乃至第三号に掲げる事項について広告をする場合にも、その内容は、施術者の技能、施術方法又は経歴に関する事項にわたつてはならない。
— あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律

リフレクソロジー

リフレクソロジー(英: reflexology)または反射療法(はんしゃりょうほう)とは、主に足の裏(手の平などを含む場合もある)の特定部位を押せば体の特定部位に変化が起こるという疑似科学の考えに基づき、疲労の改善などをはかる代替療法である。語源は、reflex(反射)と-ology(学や論の意味を表す名詞を作る接尾辞)を合わせた造語であるとの説が有力。「リフレ」と短縮して呼ばれることもある。日本での普及初期にはフットケアとも呼ばれていた。

リフレクソロジーを行う人はリフレクソロジスト(英: reflexologist)または反射療法士と呼ばれる民間療法士であり、他人に対して治療目的の施術をすることはできない。

タイ古式マッサージ

タイ古式マッサージ(タイこしきマッサージ、通称: Nuat phaen boran、タイ語: นวดแผนไทย)は、タイ伝統の一種のマッサージであり、指圧による揉み動作だけでなく四肢を曲げ伸ばすストレッチを含んでいる。「古式」とあるが、西洋近代医学を取り入れたアレンジも行われており、宮廷に伝承されたものにはストレッチの技法はない。

「Nuat phaen boran」を正確に翻訳すると古式マッサージないし伝統的マッサージであるが、現在、タイマッサージ、古式マッサージ、伝統的なタイのマッサージ、タイのヨーガマッサージ、タイの古典のマッサージ、タイの整体、受動的ヨーガ、あるいは支援つきヨーガとしても知られている。

本来タイ式医療(英語版)の一部であり、長い伝統医療、宮廷医療としての歴史がある。1990年代にスパにおける健康法・美容法として行われるようになった。現在知られるものは、1980年頃を境として、タイ政府の後ろ盾を得ながら復興・構築してきたタイ式医療の一分野、タイの無形文化遺産であり、観光文化のひとつと目されている。近年では、タイ以外の国々でも健康法やリラクセーションとして親しまれている。

タイ式マッサージは本来タイ伝統医療の一部であるが、タイの伝統医療はインドで成立した仏教医学やアーユルヴェーダの影響を受けていると考えられ、伝統的な体液理論を特徴としている。被術者はマッサージのコースの間に多くのヨーガと同じ体位をさせられるのが特徴である。シャーマニズムやアニミズムとも深く関わっており、本来ボーンナイフを使った荒療治や聖水を使った徐霊や薬草学等と組みあわせた古式総合医学として認知するべきであるが、マッサージ手技のみクローズアップされ現在に至る。こういったトータルで施術できる人は、タイ本国でも減ってきている。達人と呼ばれる人は麻痺などの治療も行っているが、現在それらのノウハウも廃れてきている。

この独自のマッサージ施術法のルーツは、およそ2500年前にさかのぼると考えられている。タイではシバカゴーマラバット「Javika Kumar Baccha」として知られるブッダの主治医によって、タイに導入されたと信じられている。仏教の伝来と共に伝来し、タイの寺院で発展した。

宮廷でも医療の一環として行われた。アユタヤ朝時代の文献「ナラーイ王の薬方」には、マッサージが宮廷で治療法として用いられたことが記録されている。宮廷の中にはマッサージ師という職位があり、比較的高い地位であった。1887年には王立シリラート病院が開設され、宮廷医療と栄養近代医療が併用されたが、1915年にタイの伝統医療による治療・教育が禁止され、医療の現場では行われなくなった。1970年代WHO(世界保健機関)は、1978年の「アルマ・アタ宣言」でプライマリ・ヘルス・ケアという保健医療政策の理念とその目指すべき方向性を示し、宣言ではプライマリ・ヘルス・ケアに必要であるならば伝統的治療者の力も利用すること、といったことが述べられ各国の伝統医療復興に大きな影響を与えた。タイでも伝統医療復興運動がおこり、タイ政府は自国の伝統医療を再びその中に取り込み始め、1980年代から始まった「タイ・マッサージ復興プロジェクト」、1990年の「タイ式医療の制度化」で医療に復活した。

また。早稲田大学スポーツ科学学術院の小木曽航平は、1970年代後半から1980年代前半にかけて、タイ古式マッサージに注目した外国人がタイの学校に学びに来るようになり、この流れもグローバル化に寄与していると指摘している。政府の再編成によって、タイ式マッサージは「タイ式医療」を構成する一分野として体系化されていった。小木曽は、「政府によるタイ・マッサージの体系化は知識における2つの領野に分けて行われたと考えることが可能である。1つは医学的正当性を構築するための知識であり、もう1つは歴史的正統性を構築するための知識である」と述べている。政府の再編成で医療としての価値と文化としての価値を高めたタイ古式マッサージは、それによって経済的価値をも高めた。1992年にタイで初めてスパが開かれて以来、スパはタイの代表的な観光地となり、現在ではタイ政府が推し進めるヘルスツーリズムの中核的な観光資源となっている。また観光体験としても人気がある。飯田淳子、田辺繁治は、タイ古式マッサージを含むタイ式医療は、近代医療への懐疑から始まった“代替”として脚光をあびたにもかかわらず、結局は権力の主体である政府の保健医療政策に組み込まれ、医療化されたものとして捉えている。

主にそのスタイルによって、大きく2つの流派に分けられている。タイの公衆衛生省は「宮廷式」と「民間式」に分けて考えており、宮廷式は指圧を中心としたマッサージであり、民間式はストレッチをよく用いるマッサージとして区別されている。また南北で分ける考え方もあり、南部式スタイル(俗にバンコクスタイルと呼ばれる)では指圧療法が強調されるのに対して、北部式スタイル(俗にチェンマイスタイルと呼ばれる)にはストレッチ動作が多い。ワット・ポー伝統医学校(ワット・ポー・トラディショナル・メディカル・スクール:WTS)のスタイルでは、指圧の他に、患者の腕を伸ばしたり、腰を捻ったりするストレッチの要素が含まれている。観光客向けの店や日本の店ではワット・ポー式のタイ・マッサージを行っていることが多いため、タイ古式マッサージとはストレッチの技法を使うものだと思われがちだが、宮廷に伝承されるマッサージにはこうしたストレッチの技法は存在しない。小木曽航平は、ストレッチの技法は比較的後年になってから付け加えられたもので、この改変はワット・ポー伝統医学校が中心となって行ったとされていると述べている。マッサージの近代化にあたって、西洋現代医学的見地から汎用性が高くかつ大多数の人が運用するにあたり安全なものに再構築した影響が考えられる。

現在よく見られるタイ古式マッサージは次のとおりである。マッサージ被術者は着替えた後、マットレスの上に横たわる。マッサージ施術者は手と前腕を使って強固なリズミカルな圧力を被術者の体のほとんどすべての部分にかかるように押す。一般にマッサージは体の「SEN」(と呼ばれるエネルギーライン)に従う。ある動作では、施術者の脚と足は被術者の体あるいは手足を固定させるために使われ、またある動作では、手で体を固定しながら足でマッサージをする。 通常オイルは用いられないが、時々被術者の体を暖め静めるために熱いハーブの包帯が使われる。一般にタイのマッサージのフルコースは2時間あるいはそれ以上続く。フルコースには、手指、足指、耳などを引っ張り、指関節をほぐし、被術者の背中を踏み、回転する動きなどで被術者の背中を弓なりに曲げることを含む。マッサージに標準的な手順とリズムがある。被施術者は仰向けになり、足の施術から始まる。施術者は呼吸の速さで被施術者を圧迫していくことが理想とされる。

大きい集団マッサージでは、大部屋に10人以上の被術者が入れられ、施術者たちが集団で一斉にマッサージ手順を行うこともある。

タイ古式マッサージの広がり
タイ古式マッサージは、タイのスパ産業の中心となっている。2006時点でタイ保健省が認定するセラピストは約4万人、そのうちスパ部門のセラピストとして認定されているのは約1万人、さらにタイ古式マッサージの資格取得者・経験者が2万人程度いるといわれるタイ国外でも人気となっている。

タイではタイ古式マッサージの学校が開かれており、国内外の生徒が学んでいる。たとえば、外国人に認知度の高い学校として、現在タイ伝統医療の象徴として人々に認識されている仏教寺院ワット・ポーと深いつながりをもつワット・ポー伝統医学校がある。1957年に設立され、おおよそ1970年代後半から1980年代前半にかけて外国人も学ぶようになり、近年ではワット・ポー伝統医学校の生徒の8割は外国人である。

マッサージの学校には、タイの教育省から認可されている学校もそうではない学校もあるが、認可を受けていない学校でも口コミやインターネットで評判が高まり、ある程度の生徒を集めているものもある。タイ古式マッサージを習得した外国人の中には、帰国してタイ・マッサージ学校を開き、オリジナルの教科書を出版する者もいた。たとえばアメリカ人のアンソニー・ジェームスはで1984年にワット・ポー伝統医学校で学び、ITTA (the International Thai Therapist Association) を組織し教育プログラムの開発を行っており、アショカナンダの異名で有名なドイツ人のハラルド・ブルスは「サンシャイン・ネットワーク(The Sunshine Network)」という組織を立ち上げている。小木曽は、外国人が組織する学校やその教育プログラムでは、マッサージだけではなく、ヨーガ、太極拳、レイキ、アーユルヴェーダなどの他の健康法をも学習内容に含むことが少なくないと指摘している。日本でも施術を受けられるサロンや学べる教室が増加している。タイの学校と連携した資格ビジネスも隆盛している。

日本とタイは、2004年2月よりEPAの交渉を開始し、2005年9月の大筋合意を経て2007年11月に発効した。この中でタイ人介護福祉士、スパ・セラピストの受け入れが協議されており、2015年09月時点で協議継続中である。

千歳市

マッサージ,リラクゼーション,タイマッサージ,もみほぐし,整体,肩もみ.近くの

千歳市(ちとせし)は、北海道に位置する日本の市であり、千歳空港が所在することでも知られています。以下は、千歳市に関する簡単な紹介です。

千歳市は、北海道中央部に位置し、市内には美しい自然環境が広がっています。主要な特徴として以下が挙げられます。

  1. 千歳空港: 千歳市には、新千歳空港(通称:千歳空港)があり、国内外からの航空便が発着します。観光やビジネスの玄関口として機能しており、観光客にとってもアクセスが良いエリアとなっています。
  2. 自然と観光地: 千歳市周辺には美しい自然が広がり、四季折々の風景が楽しめます。特に、千歳川や支流の清流、自然公園が訪れる人々を魅了しています。
  3. 観光スポット: 千歳市には観光スポットも点在しており、千歳市歴史民俗資料館や美術館、公園などが訪れる人々に楽しいひと時を提供しています。
  4. 食文化: 北海道ならではの新鮮で美味しい食材が豊富で、千歳市でも地元の食文化が楽しめます。観光地や市内のレストランで、新鮮な海産物や地元の特産品を味わうことができます。

千歳市 概要

千歳市(ちとせし)は、北海道に位置する都市で、「北海道の空の玄関口」とも称されることがあります。市内には新千歳空港があり、国内線の東京(羽田)—札幌(新千歳)間ではかつて世界一の乗降客数を誇り、国際線と合わせた年間の乗降客数は約2,000万人に達しています。この便利な立地から、市内は工業団地が集積し、交通アクセスが良好です。

千歳市の特徴的な点として、以下の要素が挙げられます。

  1. 交通インフラ: 新千歳空港を中心に、高速道路(道央自動車道・道東自動車道)や港(苫小牧港)が至近距離にあります。札幌市中心部までのアクセスも良好で、車でおおよそ1時間(高速道路利用)、鉄道で約30分から40分(特急・快速列車利用)で到達できます。
  2. 自衛隊基地: 千歳市には陸上自衛隊第7師団と航空自衛隊第2航空団の基地や演習場があり、約8,700人の隊員が駐屯しています。この存在が市の人口構成にも影響を与え、若年層の流入が見られ、千歳市は北海道一若い街として知られています。
  3. 歴史的背景: 千歳市の名前の由来はアイヌ語で「大きい・窪み・川」を意味する「シコッペッ」に由来し、地域には千歳神社や支笏湖があります。支笏湖一帯には美しい自然が広がり、観光スポットとしても人気です。
  4. 支笏川の歴史: 千歳市を流れる千歳川は、石狩平野の中心部に位置し、太平洋からウトナイ湖、美々川を遡って分水嶺を越え、千歳川から石狩川を経て日本海へ至る「シコツ越え」のルートが存在します。この地には、1658年に志古津弁天小社が造営され、1805年には「鶴は千年、亀は万年」の故事に因んで「支笏川」を「千歳川」と改名した歴史があります。
  5. 地理と自然環境: 千歳市は東西に広がり、面積は594.5 km²。西部は山岳地帯で支笏洞爺国立公園に指定されています。市街地は標高15 m前後の低地に広がり、千歳飛行場周辺には日本国内で最も低い標高25 m前後の分水嶺があります。豊かで清澄な水資源も豊富で、支笏湖の水は「名水百選」に認定されています。
  6. 気候: 千歳市の気候は太平洋と日本海の気象影響を受ける分岐点にあり、寒冷な冬と涼しい夏が特徴です。冬季の最低気温は-25.4℃まで下がることもありますが、比較的晴れることが多く、雪が少ないことが空港立地に適しているとされています。
  7. 人口: 平成27年国勢調査によると、千歳市の人口は95,664人で、世帯数は40,614世帯。札幌市に次ぐ北海道内第2位の人口増加数を記録し、2011年8月時点では北海道内で10番目の人口規模を有していました。

これらの要素から千歳市は、交通の要所として発展し、歴史や自然と共に住みやすい都市となっています。

千歳市の歴史

古代から江戸時代: 千歳は、札幌の低地帯と勇払原野の間に広がり、太平洋と日本海を結ぶ交通の要所として重要視されていました。この地域はアイヌと和人が交流する場として栄え、16の場所(シコツ十六場所)が存在し、江戸時代にはユウフツ場所に組み込まれ、千歳川会所が設けられました。1660年(万治3年)の『福山秘府』において初めて「シコツ」の地名が登場し、その後の記述には「志古津」(シコツ)として言及されています。

近世から明治時代: 1644年(正保元年)には、『正保御国絵図』にシコツ越えが描かれ、1658年(万治元年)には志古津弁天堂が建立されました。1805年(文化2年)には、羽太正養(箱館奉行)が「シコツ」を「千歳」と改名しました。1869年(明治2年)に北海道に11国86郡が設置され、千歳は胆振国千歳郡となりました。その後、1873年(明治6年)には札幌本道(後の国道36号)が開通し、千歳に開拓使駅逓所が設置され、1880年(明治13年)には千歳郡千歳村外五ヶ村戸長役場が開庁されました。

近代: 1888年(明治21年)には市制が施行され、千歳市としての歴史が始まりました。1934年(昭和9年)には千歳飛行場が完成し、その後の発展に大きな影響を与えました。1958年(昭和33年)には市制が施行され、千歳市としての歴史が始まりました。この時期に千歳国際空港が開港指定を受け、航空の発展が地域経済に寄与しました。1988年(昭和63年)には新千歳空港が開港し、24時間運用が開始されました。1998年(平成10年)には千歳科学技術大学が開学し、地域の教育・研究拠点としての役割を果たしています。2010年(平成22年)には新千歳空港国際線旅客ターミナルビルが供用開始され、交通の要所としての地位を一層確立しています。

現代: 千歳市は、航空交通、教育・研究機関、地域経済など、多岐にわたる分野で発展を遂げています。2017年(平成29年)には北海道千歳リハビリテーション大学が開学し、医療・福祉分野においても進化が見られます。地域の観光資源も開発が進み、観光拠点としても注目を集めています。これらの歴史的な出来事や変遷を通じて、千歳市は過去から現在に至るまで、その発展と変化を遂げてきたことが伺えます。

千歳市の政治

千歳市の政治、行政、市長・町長、戸長などの歴史を紹介します。

歴代首長:

  1. 初代 石山専蔵 – 1880年(明治13年)3月1日
  2. 2代 秦一明 – 1880年(明治13年)10月25日
    • 臨時代理 石山専蔵 – 1884年(明治17年)
  3. 3代 太尾長祥 – 1884年(明治17年)11月22日
  4. 4代 下宮良平 – 1886年(明治19年)3月2日
  5. 5代 三木勉 – 1887年(明治20年)6月1日
  6. 6代 常葉隆久 – 1892年(明治25年)2月8日
  7. 7代 増川兵蔵 – 1893年(明治26年)6月13日
  8. 8代 岩田秀雅 – 1897年(明治30年)5月20日
    • 明治30年7月、漁村・島松村分村
  9. 9代 橘莞爾 – 1898年(明治31年)7月29日
    • 明治32年8月北海道区制、一・二級町村制
  10. 10代 岩田外喜男 – 1902年(明治35年)4月20日
  11. 11代 福士武美 – 1903年(明治36年)4月10日
  12. 12代 中川種次郎 – 1903年(明治37年)4月20日
  13. 13代 深田猪七郎 – 1903年(明治37年)6月1日
  14. 14代 国谷清之助 – 1911年(明治45年)5月27日
  15. 15代 川村隆吾 – 1913年(大正2年)12月24日
  16. 16代 間山俊助 – 1914年(大正3年)5月30日

歴代村長:

  1. 初代 間山俊助 – 1915年(大正4年)4月1日
  2. 2代 山田旦 – 1916年(大正5年)6月30日
  3. 3代 後藤彌次郎 – 1918年(大正7年)12月10日
  4. 4代 山田旦 – 1923年(大正12年)1月31日
  5. 5代 川合新三郎 – 1925年(大正14年)3月24日
  6. 6代 鹿目徳親 – 1930年(昭和5年)1月23日
  7. 7代 清水良作 – 1932年(昭和7年)9月21日
  8. 8代 畠山定吉 – 1936年(昭和11年)1月30日
    • 臨時代理 1939年(昭和14年)4月1日
    • 職務管掌 高橋綱三郎 – 1939年(昭和14年)7月15日
  9. 9代 岡本幸信 – 1939年(昭和14年)10月14日

歴代町長:

  1. 初代 岡本幸信 – 1942年(昭和17年)5月1日
    • 臨時代理 舛田岩雄 – 1946年(昭和21年)11月7日
    • 臨時代理 中川種次郎 – 1946年(昭和21年)12月21日
  2. 2代 山崎友吉 – 1947年(昭和22年)4月15日

歴代市長:

  1. 初代 山崎友吉 – 1958年(昭和33年)7月1日〜1959年(昭和34年)4月29日
  2. 2代 米田忠雄 – 1959年(昭和34年)4月30日〜1975年(昭和50年)3月22日
  3. 3代 東峰元次 – 1975年(昭和50年)4月27日〜1987年(昭和62年)4月26日
  4. 4代 梅沢健三 – 1987年(昭和62年)4月27日〜1991年(平成3年)4月26日
  5. 5代 東川孝 – 1991年(平成3年)4月27日〜2003年(平成15年)4月26日
  6. 6代 山口幸太郎 – 2003年(平成15年)4月27日〜2023年(令和5年)4月26日
  7. 7代 横田隆一 – 2023年(令和5年)4月27日〜現職(通算1期)

基地対策:

千歳市は特定防衛施設関連市に指定され、特定防衛施設周辺整備調整交付金を活用して生活環境の整備に取り組んでいます。終戦後の千歳市では、連合国軍最高司令官総司令部の進駐や保安隊の創設により、基地関連者が市内に居住し、歓楽街が発展しました。これに伴う社会問題も発生し、売春や麻薬法、外為法に関連する問題が発生しました。1953年時点では、九州方面から来た約1300人の売春婦が営業活動を行っていました。この問題に対処するため、日米合同委員会風紀部会が設置され、基地外での風紀の乱れ対策が検討されました。第一騎兵隊の撤退により、1954年から急速に社会問題は収束していきました。

市民憲章・都市宣言:

千歳市は市民憲章と都市宣言を制定しており、それに基づいて市民は共に協力し、千歳市をより良い場所にすることを誓っています。市民憲章は、仕事に励み、明るく、若々しいまちをつくり、自然を愛し、季節に親しみ、快適で楽しいまちをつくるなど、様々な価値観が盛り込まれています。

議会:

千歳市の市議会は25名の議員で構成され、議長は佐々木雅宏氏が務めています。会派は自民党、公明党、立憲民主党、日本共産党、無所属などが存在し、市政の運営や課題解決に取り組んでいます。

財政:

千歳市は2016年から行政改革を進め、財政の健全化に努めています。予算の総額は686.5億円で、一般会計、特別会計、企業会計に分かれています。財政力指数や経常収支比率など、財政の健全性を示すさまざまな指標が存在しています。

以上が千歳市の政治や行政の概要です。

千歳市の国家機関

自衛隊:

千歳市には陸上自衛隊の東千歳駐屯地および北千歳駐屯地、航空自衛隊の千歳基地が存在します。陸上自衛隊第7師団は北部方面隊に所属し、機甲師団として戦車を主体とした重戦力を有しています。東千歳駐屯地には第7師団司令部や各種支援部隊が、北千歳駐屯地には第1特科団本部や野戦砲部隊が配置されています。航空自衛隊千歳基地は北部航空方面隊に属する第2航空団が展開しており、戦闘機や政府専用機を運用しています。千歳管制隊は千歳飛行場や新千歳空港周辺の航空交通管制業務を担当しています。

行政機関:

千歳市にはさまざまな官公庁が存在しています。法務省には北海少年院があり、財務省には函館税関千歳税関支署が所属しています。また、出入国在留管理庁の札幌出入国在留管理局千歳苫小牧出張所も千歳市内にあります。厚生労働省には千歳公共職業安定所(ハローワーク千歳)が、農林水産省には横浜植物防疫所札幌支所新千歳空港出張所や動物検疫所北海道出張所が所在しています。林野庁北海道森林管理局も千歳市内に石狩森林管理署、千歳森林事務所、支笏森林事務所を有しています。

国土交通省

  • 札幌開発建設部
  • 千歳川河川事務所
  • 千歳道路事務所
  • 千歳空港建設事業所
  • 新千歳空港事務所(東京航空局)

気象庁

  • 札幌管区気象台
  • 新千歳航空測候所

海上保安庁

  • 第一管区海上保安本部千歳航空基地

環境省

  • 北海道地方環境事務所支笏湖自然保護官事務所

防衛省

  • 北海道防衛局千歳防衛事務所
  • 陸上自衛隊北部方面隊
    • 第7師団司令部
    • 東千歳駐屯地
    • 北千歳駐屯地
  • 航空自衛隊航空総隊北部航空方面隊
    • 第2航空団司令部
    • 第3高射群
    • 千歳基地
  • 防衛装備庁千歳試験場

独立行政法人・特殊法人等

  • 水産研究・教育機構北海道区水産研究所千歳さけます事業所
  • 日本放送協会札幌放送局千歳支局

このように、千歳市は様々な国家機関や官公庁、自衛隊関連の施設が集積している地域です。

千歳市の施設

警察:

千歳市には北海道札幌方面千歳警察署があり、市内各地に交番や駐在所が配置されています。交番には駅前交番、新富交番、本町交番、住吉交番、向陽台交番などが含まれ、地域の治安維持や市民への安全対策を担当しています。また、支笏湖駐在所や泉郷駐在所など、市内各地に駐在所が存在しています。さらに、空港警備派出所が新千歳空港での警備を担当しています。

消防:

千歳市には千歳市消防本部があり、市内には消防署や出張所が配置されています。富丘出張所、向陽台出張所、西出張所、支笏湖温泉出張所などが、地域ごとに消防活動を担当しています。2017年には千歳市消防総合庁舎が建設され、消防活動の中心となっています。

医療:

千歳市にはいくつかの主要な病院があります。いずみ会北星病院、尾谷病院、向陽台病院、資生会千歳病院、市立千歳市民病院、千歳桂病院、千歳第一病院、千歳豊友会病院などが市内に位置しており、市民の医療ニーズに応えています。

郵便局:

千歳市内には千歳郵便局があり、これが集配局となっています。東部地区を除く全域の郵便物はここで取り扱われており、東部地区は三川郵便局が集配を担当しています。

公共施設:

  • 千歳市休日夜間急病センター
  • 千歳市総合福祉センター・千歳市総合保健センター
  • 千歳市グリーンベルト地下駐車場
  • 千歳市防災学習交流施設
  • 千歳市公設地方卸売市場
  • 千歳市営牧場・育成畜舎
  • 千歳市支笏湖ヒメマスふ化場
  • 千歳市葬斎場
  • 千歳市廃棄物焼却処理施設
  • 千歳市廃棄物再資源化施設

文化施設:

  • 千歳市民文化センター(北ガス文化ホール)
  • 千歳市民ギャラリー
  • 千歳市青少年会館
  • 千歳市立千歳公民館
  • 千歳市立図書館
  • 千歳市埋蔵文化財センター

運動施設:

  • 千歳市スポーツセンター(ダイナックス アリーナ)
  • 千歳市民球場
  • 青葉球場
  • 青葉陸上競技場
  • 青葉公園ラグビー場
  • 青葉公園スケート場
  • 千歳市温水プール
  • 千歳市開基記念総合武道館

ゴルフ場:

  • ザ・ノースカントリーゴルフクラブ
  • ちとせインターゴルフクラブ
  • シャムロックカントリー倶楽部
  • 千歳カントリークラブ
  • 新千歳カントリークラブ
  • グレート札幌カントリー倶楽部

千歳市は様々な施設が整備されており、市民の生活や様々なニーズに対応しています。

千歳市の対外関係

千歳市の対外関係において、姉妹都市や提携都市が存在します。

海外の姉妹都市:

  1. アンカレッジ(アメリカ合衆国 アラスカ州)
    • 姉妹都市提携日:1969年(昭和44年)4月21日
  2. コングスベルグ(ノルウェー王国 ブスケルー県)
    • 姉妹都市提携日:1988年(昭和63年)8月31日
  3. 長春市(中華人民共和国 吉林省)
    • 姉妹都市提携日:2004年(平成16年)10月11日

国内の姉妹都市:

  1. 指宿市(九州地方 鹿児島県)
    • 姉妹都市提携日:1994年(平成6年)4月15日

これらの提携や姉妹都市関係は、文化交流や経済的な連携を促進し、国際的な協力関係を築く一翼を担っています。

千歳市の経済

千歳市の経済は多岐にわたり、産業構成は第一次産業が2.7%、第二次産業が17.9%、第三次産業が73.5%となっています。事業所の中では、宿泊・飲食サービス業と運輸・郵便業が高い割合を占め、製造業の従業員数の構成比が高いのが特徴です。この傾向は、支笏湖などの観光地の存在、新千歳空港の利用による宿泊需要、若年層による飲食需要、比較的大規模な工場が多く立地していることに起因しています。

千歳市は農業基盤整備を背景に農業分野でも進化しており、小麦、てん菜、大豆などの大規模経営と近代化が進んでいます。水産業ではサケ・サクラマスのふ化・放流事業や、支笏湖でのヒメマスのふ化事業が行われ、地域経済に貢献しています。

工業分野では、250を超える企業が立地する工業団地が形成され、製造品出荷額は北海道内で第4位に位置しています。千歳市の工業団地には、千歳第1工業団地から千歳臨空工業団地、千歳サイエンスパーク、千歳美々ワールドなどがあり、地域の発展に寄与しています。

商業分野では、新千歳空港周辺には空港ターミナルビルや大規模なアウトレットモールがあり、北海道内外からの幅広い集客を誇っています。商店街も6つの組合連合会と1つの振興会により形成され、地域経済を支えています。

また、金融機関や物流施設、多様なスーパーマーケット、商業施設が充実しており、千歳市は豊かな経済基盤を築いています。

 

さらに、千歳市は組合や協同組合を通じて地域社会と連携し、農業、漁業、環境整備、自動車整備などの分野で協力体制を築いています。例えば、JA道央や北海道農業共済組合をはじめとした組合が、地域の農産物や畜産物の生産・流通において重要な役割を果たしています。

商業においては、新千歳空港を拠点とするショッピングセンターやアウトレットモールが、地域経済をけん引しています。イオン北海道やアークスグループをはじめとした大手スーパーマーケットが進出し、多様な商品を提供しています。物流面では、ヤマト運輸、佐川急便、日本通運、北海道福山通運などが千歳市に拠点を構え、円滑な商品輸送が行われています。

金融機関も多岐にわたり、北洋銀行、北海道銀行、信用金庫、労働金庫、JAバンク北海道などが市内に支店を構え、地域住民や事業者に金融サービスを提供しています。

総合的に見て、千歳市は農業、工業、商業、金融、物流などの分野でバランス良く発展し、地域経済において重要な拠点となっています。

 

続いて、千歳市は地域社会において文化・教育施設も充実しています。千歳市民文化センターや千歳市立図書館、スポーツセンター、市民球場、武道館などが市内に存在し、市民の様々な文化・スポーツ活動をサポートしています。これらの施設は、市民の交流や地域への貢献を促進しており、市内外から多くの人々が集まります。

また、千歳市は姉妹都市や提携都市との交流も積極的に行っています。アメリカ合衆国のアンカレッジ、ノルウェーのコングスベルグ、中国の長春市など、国際的な交流が市の発展に寄与しています。国内では鹿児島県の指宿市との姉妹都市提携があり、地域間の友好関係を深めています。

さらに、千歳市は観光地としても知られており、支笏湖や新千歳空港などが観光スポットとして人気を集めています。これらの観光地が地域経済においても一定の役割を果たしており、地元産品や観光資源を活かした産業も育まれています。

総じて、千歳市は多岐にわたる産業や施設を有し、地域社会全体の発展に寄与している状況です。

 

また、千歳市の経済の中で重要な役割を果たしているのが農業や漁業、そして工業です。農業では大規模経営や近代化が進み、小麦、てん菜、大豆などが栽培されています。水産業ではサケ・サクラマスのふ化・放流事業が行われ、地域の漁業を支えています。支笏湖ではヒメマスのふ化事業も展開されており、地域資源を有効活用した取り組みが行われています。

工業分野では、千歳市内には様々な工業団地が存在し、企業の立地が進んでいます。製造業の出荷額は北海道内で高い位置にあり、工業の発展が地域経済に寄与しています。特に新千歳空港周辺にはロジスティクスセンターやサイエンスパークが整備され、物流や研究開発の拠点として機能しています。

商業面では、新千歳空港を中心にショッピングセンターやアウトレットモールがあり、地域経済においても商業が重要な位置を占めています。これにより、地域外からの観光客や利用者が増加し、地元の事業者にとっても新たなビジネスチャンスが生まれています。

総じて、千歳市は多様な産業が連携し、地域社会全体が持続的な発展を遂げている都市と言えます。

千歳市の情報・通信

千歳市は多岐にわたる産業活動や地域施設が集まり、その構造はさまざまな要素から成り立っています。

経済の視点から見ると、千歳市の産業構成は第一次産業が2.7%、第二次産業が17.9%、第三次産業が73.5%となっています。特に宿泊・飲食サービス業や運輸・郵便業が顕著で、製造業も大きな従業員数を抱えています。これは観光地である支笏湖や新千歳空港の影響、そして市内には比較的大規模な工場が存在することが影響しているとされています。

農業では、農業基盤整備を背景にし、小麦、てん菜、大豆などの大規模経営が進んでいます。水産業ではサケ・サクラマスのふ化・放流事業や支笏湖でのヒメマスのふ化事業が行われ、地域の水産業を支えています。工業分野では工業団地や千歳臨空工業団地などに多くの企業が進出し、製造品の出荷額は北海道内で第4位となる規模を有しています。

商業施設としては、新千歳空港の空港ターミナルビルやアウトレットモールがあり、地域の中心的な商業拠点となっています。また、商店街も複数存在し、地域経済に貢献しています。

教育施設としては、公立千歳科学技術大学をはじめ、高等学校や中学校、小学校が整備されており、地域の教育環境も整っています。さらに、保育所や幼稚園も充実しており、地域の子育て環境が整っています。

情報通信分野では、新聞社や電力会社、ガス会社、水道局などが存在し、地域の生活基盤を支えています。マスメディアも新聞社や地域情報誌があり、地域の情報発信に貢献しています。

 

情報通信分野では、地元の新聞社やメディアが地域の情報を提供しています。新聞社としては、苫小牧民報社千歳支局、北海道新聞社千歳支局、朝日新聞北海道支社千歳支局、読売新聞北海道支社千歳通信部、毎日新聞北海道支社千歳通信部などが挙げられます。これらのメディアは地域の出来事や情報を報じ、住民に様々な情報を提供しています。

生活基盤としては、電力は北海道電力千歳支社、ガスは北海道ガス(北ガス)千歳支店が担当しており、上下水道は千歳市水道局が管理しています。また、日本海さけ・ます増殖事業協会なども地域の生活基盤に関与しています。

教育面では、公立千歳科学技術大学や各種学校が存在し、地域の学術・教育水準向上に寄与しています。公立千歳科学技術大学は特に科学技術分野において高い水準の教育を提供しています。

地域の生活インフラを支える金融機関としては、北洋銀行、北海道銀行、苫小牧信用金庫、北海道信用金庫、北門信用金庫、北央信用組合、北海道労働金庫、JAバンク北海道(JA道央)などが挙げられます。これらの金融機関は地域の経済活動を支え、住民に金融サービスを提供しています。

続いて、千歳市のマスメディアに加え、地域経済や教育・生活基盤などの側面に焦点を当てて説明してみました。何か特定の情報が必要でしたら、お知らせください。

 

また、千歳市の教育機関についても簡単に紹介いたしました。公立千歳科学技術大学が地域において高等教育の中心的存在となっており、地元の学生に科学技術分野での学びの機会を提供しています。他にも私立の北海道千歳リハビリテーション大学や日本航空専門学校千歳キャンパスなども地域において教育の充実に寄与しています。

地元の学校としては、千歳市内には幼稚園から高等学校まで様々な学校が存在しています。高等学校では、道立の北海道千歳高等学校や北海道千歳北陽高等学校が地域の学生に教育を提供しています。中学校や小学校も市立のものが複数あり、地域全体で幅広い教育環境が整備されています。

生活に密着した施設として、千歳市内には様々な保育施設や幼稚園があります。市立の認定こども園や私立の認可保育所、認定こども園千歳春日保育園、ありんこ保育室、こだま保育園、さくら保育園、千歳速算学校などが、地域の子どもたちの教育・保育を担当しています。

また、事業所内保育や夜間保育所、認可外保育施設も存在し、働く親たちの支援にも貢献しています。例えば、ダイナックスこどもくらぶやたんぽぽ夜間保育園、キッズハウス オハナ、ちびっこランド千歳園などが、柔軟かつ多様な保育サービスを提供しています。

千歳市の交通

交通面では、千歳市は新千歳空港を中心にさまざまなアクセス手段が整っています。以下にその概要を述べます。

新千歳空港: 新千歳空港は、国内線と国際線に対応した2つのターミナルビルを備えています。この空港は2本の並行滑走路を有し、その南半分と千歳飛行場の東側滑走路南端が苫小牧市にまたがっています。

鉄道: JR北海道が主に運行しており、千歳市内には千歳線が通っています。主要な駅としては、千歳駅や南千歳駅があり、特急列車が頻繁に停車しています。ただし、市内東部には駅は存在していません。

バス: 市内外へのバスアクセスも充実しており、北海道中央バスや千歳相互観光バス、あつまバスなどが運行されています。新千歳空港と市内を結ぶバスも利用されています。

タクシー: 市内ではタクシーも利用可能で、小型車と中型車があり、初乗り上限運賃はそれぞれ550円と570円です。

道路: 主要な高速道路としては、道央自動車道が新千歳空港ICから千歳ICを結び、千歳恵庭JCTで道東自動車道に接続しています。国道や道道も整備されており、交通の利便性が高い地域です。

これらの交通手段が結ぶことで、千歳市は観光やビジネス、物流など多岐にわたる分野でアクティブな都市となっています。

都市間バス: 都市間バスも新千歳空港と市内を結ぶ便があり、北海道中央バスやニセコバス、北都交通、帯運観光、旭川電気軌道、網走バス、道南バスなどが運行しています。

道路: 道路面では、国道36号、国道234号、国道274号、国道276号、国道337号、国道453号などが市内を縦横に結んでいます。また、各種道道も整備されており、市内各地へのアクセスが便利です。千歳恵庭JCTを中心に、道央自動車道や道東自動車道などが交わり、効率的な移動が可能です。

道の駅: 千歳市には、2016年にオープンした「道の駅サーモンパーク千歳」があります。地元の特産品や観光情報を提供する拠点として観光客に人気です。

交通面でのアクセス環境が整っていることから、千歳市は観光拠点や物流の中心地として発展しています。地域内外からのアクセスが容易なため、多様なニーズに対応した発展が期待されます。

空港: 新千歳空港は、市内南部に位置しています。国内線、国際線ともに利用され、交通の玄関口として機能しています。近隣には観光施設やショッピングモールもあり、観光客や出張者に便利な施設が揃っています。

鉄道: 鉄道面では、JR北海道の千歳線が市内を走り、千歳駅や南千歳駅、新千歳空港駅などが存在します。これらの駅を利用することで、市内各地や札幌市、苫小牧市などへのアクセスが可能です。

バス: 市内交通としては、北海道中央バスや千歳相互観光バス、あつまバスなどが路線バスを運行しており、市内の主要なエリアを結んでいます。都市間バスも新千歳空港と市内を結ぶ便があり、北海道中央バスやニセコバス、北都交通、帯運観光、旭川電気軌道、網走バス、道南バスなどが運行しています。

タクシー: 市内では各種タクシーサービスが展開されており、金星自動車、北都交通、千歳交通、ゆたか交通、道央交通、千歳昭和交通、札幌エムケイなどが利用可能です。

道路: 道路面では、高速道路として道央自動車道が整備され、新千歳空港ICから千歳ICを経由して千歳恵庭JCTへとつながっています。また、国道36号、国道234号、国道274号、国道276号、国道337号、国道453号などが市内を縦横に結び、効率的な移動が可能です。

道の駅: 千歳市には、2016年にオープンした「道の駅サーモンパーク千歳」があります。地元の特産品や観光情報を提供する拠点として観光客に人気です。

マッサージ

リラクゼーション

タイマッサージ

もみほぐし

マッサージ 千歳

リラクゼーション 千歳

タイマッサージ 千歳

もみほぐし 千歳